さほちゃんを救う会


現時点の募金総額¥166,698,432
皆様の温かいご支援により目標額を達成する事ができ、6月27日、広島県庁にて募金活動の終了の
ご報告とお礼の記者発表をおこないました。これをもちまして募金活動を終了させて頂きます。
心より感謝申し上げます


<その後さほちゃんの経緯>
2012年6月の募金活動後、7月渡米、9月移植手術成功、経過観察を経て2013年4月帰国し、
現在は広島県廿日市市の自宅で、病気が発覚する前のように元気いっぱい過ごしています。
皆さまの多大なるお力により、無事さほちゃんの未来を取り戻す事ができました。
拒絶反応や感染症との戦いは一生続きますが、引き続き温かく見守っていただければ幸いです。



リンクフリーですので、バナーを直接ダウンロードしてご使用ください。リンクバナー2.png

  • 【事務局からのお知らせ】

【2015.10.12】
 9月1日以降剰余金を以下3名の救う会に寄付し、当救う会の口座を閉鎖しました事をご報告させていただきます。今日まで、本当に多くの方々のご支援でさほちゃんの命を救うことができました。あらためて心より御礼申し上げます。
会計報告のページへジャンプ

なお、3名の救う会はまだ活動を続けられております。引き続き多くの皆様のご支援をお願いします。
ななちゃんを救う会(大阪) http://nanachan.jp/
いちくんを救う会(東京) http://ichi-kun.com/
のあちゃんを救う会(沖縄) http://noaonaga.com/

【2015.9.4】
 2012年9月1日の手術から丸3年を迎え、先週の定期健診でもさほちゃんは順調に成長していることが確認されました。ついては救う会規約に基づき、剰余金口座凍結を解除し、大阪で入院して米国への渡航心臓移植を待つななちゃんを救う会へ寄付させていただきました。現在1歳のななちゃんは小児用人工心臓を装着しており、一刻の猶予もありません。多くの皆さんのサポートで早期渡航を実現できますよう、お願いいたします。
http://nanachan.jp/

【2013.9.5】
2013年8月末までの会計報告をアップしました。
会計報告のページへジャンプ
 なお昨年9月1日の手術から1年が過ぎ、ミシガン大学病院への支払いも完了しましたので、当会の規約第14条に基づき、原則、術後3年の2015年9月まで、現時点での剰余金を凍結することにいたしました。
 今回、多額の剰余金が生じた理由と致しましては、もとより、目標額以上の善意をいただいたことに加え、アメリカでの待機(滞在)期間が短かったこと、術前術後の容体が比較的安定していたこと、アメリカの医療保険への未加入患者に対する40%割引制度が適用されたこと等により、事前に病院から取り寄せた見積り金額に比べて、実際に支出した医療費が大幅に少なく済んだことによるものです。

【2013.4.16】
4月7日に帰国、1週間大阪で検査入院し、4月13日に広島の自宅へ帰ってきました。本日、咲帆ちゃんの元気な様子を土谷病院から報道各社の皆さんに伝えていただきました。
ご支援いただいた皆様にあらためて御礼申し上げます。

【2012.10.28】
経費削減のため市の公共施設に事務所移転します。
〒738-0014 廿日市市住吉2-2-16 1-15
電話&FAX 0829-39-1831
11/1以降、お問い合わせは留守番電話かFAXへご伝言いただければ、後日こちらからご連絡致します。ご理解ご協力をお願いします。

【2012.9.2】
9/2、ミシガン大学病院にて無事に心臓移植の手術を終えました。皆様の温かいご支援有難うございました。
ドナーとなっていただいたお子さまのご冥福をお祈りいたします。

【2012.7.23】
咲帆ちゃんの渡航予定
7/24、広島を出発し、7/25、米国ミシガン州へ出国します。
みなさまのご支援、ご協力のおかげでここまでくることができました。あらためて感謝いたします。

【2012.6.27】
広島県庁にて募金活動終了のご報告と、お礼の記者発表をおこないました。

【2012.6.26】
目標の募金額を達成致しました。皆様のご協力に心より感謝致します。有難うございました。

【2012.6.18】
広島県庁にて募金活動開始の記者発表を行いました。